スプレッドとは

スプレッドとは「売値と買値の差」のことです。

殆どのFX会社は、FX取引する際の手数料は無料ですと謳っていますが、慈善事業でブローカーを行っているかと言うとそうではなく、このスプレッドが、FX会社が取引する際の手数料になります。

例えば、スプレッドが0.3銭の場合ですが、0.3銭は「3円の1,000分の1」と非常に低い桁数ですが、多くのFX会社では最低取引単位を1,000通貨または10,000通貨としているため、実質的な取引手数料は「1,000通貨で3円」「10,000通貨で30円」ということになります。

★下図を使ってスプレッド0.3銭をもう少し詳しく

USD/JPY(米ドル円)の通貨ペアを取引する時に、【売値:106.982 買値:106.985】だとします。

この場合、買値-売値が0.3銭であり、この0.3銭が取引をする人にかかる実質上の取引手数料であり、平たく言うと「スプレッド0.3銭」ということなのです。

当然、スプレッドの開きが小さい方がお得であり、逆に開きが大きいとその分支払うべき手数料が高くなるので、FX会社を選ぶ目安の一つとして覚えていて損はありません。

関連記事>>>円高でも円安でも利益を出すチャンスがある

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Fujii

1960年代後半生まれの広島県在住サラリーマン ▶2019年10月からブログを開始▶現在ブログ月収4桁台で奮闘中▶定年までにブログ月収6桁以上を目標に優秀なブロガーさんの記事で独学中▶「継続は力なり」をモットーに記事を書き続ける   ▶家族:妻と愛犬1匹

-投資, FX

© 2021 Fujii Blog

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。